先生

アレルギー性鼻炎の症状がある|遺伝の場合が多い

日頃から備えましょう

先生

耳に関する不具合が生じた際には、めまいや吐き気、顔面神経のこわばりが併発することがあります。耳には聴覚の器官だけでなく平衡感覚を司る器官や顔面神経と関わりがある器官が密集しています。そのため、新宿の耳鼻科では他の器官に負担を掛けずに放射線を使った治療を行っています。

More...

アレルギーの増加と要因

4人のドクター

アレルギー性鼻炎の症状は、鼻水が止まらない、鼻がつまっている、くしゃみが止まらない、外部刺激に敏感等多々あります。昔は、アレルギー性鼻炎は子供に多く見られ、成人すると次第に落ち着いてくると言われていましたが、近年は成人しても変わらず症状を持ち続けている方が多くなってきているのが現状です。住環境や生活の様式の変化も要因となっていると言われています。アレルギー性鼻炎は、症状が強く出ているときは発汗やのぼせ、だるさ、等に襲われてしまい、集中力にも欠けてしまいがちです。その為生活水準が低下してしまいますので、早めの対応が望ましいと思われます。遺伝性のものでもありますので、アレルギー体質の方はお子様の体質チェックをしておくと良いでしょう。

アレルギー性鼻炎の治療薬として抗アレルギー剤を服用するのが一般的です。また、症状が重い時には吸入をすると鼻の通りが楽になります。その他ご家庭でできる対処法としては、こまめに掃除をする、空気清浄機を使用する、ファーストフードや、スナック菓子、糖質の高い飲み物を摂取しないようにする等あります。症状は、内部で炎症を起こしているから発生します。その刺激となっているものを取り入れないようにするのが必要となってきます。食事はアレルギー体質の方にとって健康を左右する大事なものです。加工食品が多くなるとアレルギー症状は増して行きます。アレルギー体質患者が増加している大きな原因となっているのが食事にあると多くの方が提言しています。住環境、食事の改善が根本治療となると言われていますので、お試しください。

鼻炎が続くのならば

病院

風邪を引いていないのに、鼻炎が続く場合にはアレルギー性鼻炎になっている可能性があります。そんな時には、新宿の耳鼻咽喉科で検査を受けてみることをオススメします。アレルゲンをスムーズに特定することができますし、素早く治療を受けることができるため安心です。

More...

聞こえに不安がある人は

耳

補聴器をつけることで、今まで聞き取りにくくて苦労していた音が拾いやすくなり、日常生活をより快適に過ごすことができるようになりました。難聴の症状が重く身体障害者認定を受けていれば、補聴器購入時に一定額の費用負担補助などがある自治体がありますので、購入する時の参考にしましょう。

More...